充実した保育環境のもと
心身共に
遊びをとおしてたくましく
豊かなこころを育てます。
 
 
 
 
 
ドリーム保育園の様子はこちらから
充実した保育環境のもと心身共に遊びを通し、たくましく豊かなこころを育てます。

社会福祉法人真正福祉会 ドリーム保育園からのお知らせと新着情報

 ドリーム保育園は2,000平米の広大な敷地に、南向きの2階建園舎があり、その周りは、東は2.000平米のグランド、西と南はサトウキビ畑、北は田芋畑と、小川や畑に囲まれた大変のどかな場所にあります。
 保育園の北東歩いて数分の丘には「伊野波の石くびり」という歌碑があります。琉球舞踊に難易度の非常に高い「伊野波節」という舞踊がありますが、その歌は地元伊野波の青年と隣村の伊豆味の女性の切ない恋心を歌ったものです。
 
       伊野波の石くびれ   無蔵連れて登る
       にゃへも石くびれ   遠さはあらな
 
 (歌意)
            伊野波の石ころだらけの坂道は(ひとりでは一苦労だが)
       いとしい彼女を連れて登るのなら
       なーひん(もっと)石ころだらけの坂道が続いてほしい
 
 ドリーム保育園の所在する本部町字伊野波区は、町内の村落では一番古く、1666年、寛文6年に今帰仁間切りから分離して最初に本部にできたといわれています。そしてその後創立した伊野波小中学校の跡地に、昭和56年に開設されました。依頼35年間で多くの園児がここ伊野波のドリーム保育園を巣立っています。

伊野波の石くびり