本文へ移動

風のわ保育園の特色

(1)自然と親しむ、体験保育「散歩・地域との交流」

【豊かな心、豊かな感性】
 子どもの感性とは動物などに対するいたわり、仲間に対する優しさや思いやり、小さな命の輝きに響きあう心美しいものに触れて感動する心、ありが とうと感じる心、イメージする力、自由に創造していくちからをできるだけ外に出て、陽や風を感じ、水に親しみ、思い切り土や砂にまみれ、小動物や民家のヤ ギ、にわとり等と遊び、道端の草花のにおいをかぎ、園庭の果実や畑の野菜に舌鼓を打つ。そんな四季折々の自然との積極的なふれあいや、日常生活の一つ一つ を丁寧に味わい共感する中で、頭や耳、目だけではなくすべての五感を使って感じられるような本物の実体験をたくさん積み重ねることを大切にしています。
活動の様子02
4歳児・川遊び
活動の様子03
謝花部落お散歩
オオゴマダラの放蝶
活動の様子05
本部町・八重岳公園

(2)菜園で農作物の栽培「食生の取り組み」

風のわ保育園で季節に合わせ子どもたちが種や苗から野菜を育てます。毎日の水やり雑草抜き、暑い日も寒い日も足を運び植物の成長を観察し収穫を楽しみます。

収穫した野菜は自分たちでクッキングをし、みんな野菜大好きな子になります。すなわち命をいただく事に感謝の心を育てます。

 みんなでおいしく食事を楽しむ子どもは生きる力がみなぎっています。また、毎日の給食も出来るだけ加工品を使用せず、安全安心な食材の提供と、保護者と共に子どもの成長に合わせた離乳食の提供が出来る様連携を図ります。

活動の様子03
野菜の植え付け体験
活動の様子04
月1回の手作り弁当
活動の様子05
クッキング・ムーチー作り
活動の様子03
お店屋さんごっこ
活動の様子03
クッキング・餃子焼き
活動の様子03
おままごと遊び(1歳児)

(3)一人ひとりの子ども時代を大切にし発達を支えます

 一人ひとり違う個性やニーズをもつ子どもにしっかり向き合い必要な手立てを保護者、職員間で共通理解し子どもの最善の利益を常に考慮した保育実践が出来る様保育の専門性を高める努力をします。

 地域の専門機関との連携をもち、職員の自主的な勉強会への参加あるいは個人面談などで保護者支援に努めます。

活動の様子01
毎週金曜日は運動遊び
活動の様子03
1歳児マグネット遊び
活動の様子04
0歳児ふうせん遊び
活動の様子05
何してるのかな?
活動の様子04
職員園内研修会

延長保育について

18:30以降は、延長保育を行っております。事前にお知らせください。
 
※保育料:A(19:00迄)300円
※保育料:B(19:30迄)400円

▼お気軽にお問い合わせください

社会福祉法人 真正福祉会
〒905-0228 沖縄県本部町字伊野波438-1 
TEL:0980-47-3602  FAX:0980-47-6205

 
TOPへ戻る